ビジネス書

書評

そろそろ、世界のフツーを始めませんか

いわゆる世界を舞台に活躍しているコンサルタント、今北純一氏と、船川淳志による対談形式で構成される本。日本は独特の社会で思考依存になりがちで、日本人は自分の頭で考えて「個で戦う力」が足りない。みたいなお話し。 グローバル化は中...
書評

孫子に経営を読む

『経営戦略の論理』で有名な伊丹敬之氏の著作。元ボスコンの内田和成氏が伊丹氏の本を紹介していて知ったんだよな。けど、『経営戦略の論理』は未だに積読本として埋もれている・・・。 孫子と言ったら、やはり『彼を知りて己を知れば、勝ち乃ち殆う...
書評

この国を出よ

大前研一と柳井正の共著。 前々から読もうと思っててやっと読めた。大学の図書館っていいな。 大前研一の本は前に「お金の流れが変わった!」を読んだことがある。その本では、ホームレスマネー(投資先を求めて市場を行き来する多額のお金)...
書評

金持ち父さん 貧乏父さん

現在、多くの人がお金をよりたくさん稼ごうとし、逆に税金や利払いなどに終われ、もっと多く稼ごうとして、もっと多くの支出に追われ……といったスパイラルに陥っている。 彼らに共通していることは何か?それは彼らが、¨自分の為¨ではなく¨お金...
書評

未来をつくる資本主義

大学1年生の時に読んでたんだから立派だな。 以下、大学1年時の自分による書評。内容はからっぽ。 プラハラートともに「BOP=bottom of the pyramid=世界の最貧困層」という言葉を広めたスチュアートLハートの著...
Copied title and URL